親友

「親友」で検索

「親友」とは、友人の中でも特に親しい者のことである。親友が女性である場合、恋人になってラブラブエッチな展開もある。対して男性の場合、寝取られ展開になることが多い。

娘の親友JKとの淫交〜こんな事が娘や妻にばれたら…〜


この日、私は遅い時間に目を覚ました。あくびをしながら時計を見ると、もう正午近い時刻だ。夕べは出張帰りで深夜の帰宅だった。だから、疲れてこんな時間まで寝てしまった。昔は徹夜も平気でできたのに、もう歳かな。そんなことはさておき、腹も減ったし、もう起きて今日の活動を始めよう。2階から階段を下りて、リビングにやって来た。リビングに来たはいいが…やけに静かだ。誰もいないのか?土曜日の昼なら妻がいるはずだが…私は遊佐清司。ごく普通のサラリーマンだ。妻の名は貴代。私と妻の間には、現在女子校生の娘がいる。娘の名は麻由と言う。娘はまだ学校に行っている時間だが、妻は家にいるはずだ。それとも、どこかへ出かけているのか?辺りを見回しながら足を進めると…何か書き置きがある。

出かけるのでお昼は適当に食べてください…だと。何だそりゃ、飯はつくらなきゃいけないのか。妻は不在。おそらく隣の奥さんといっしょに、評判のランチとか食べに行ったんじゃないのか?わが遊佐家と隣の宮森家は、よく合同で遊びに出かけたり食事会をしたりするつきあいをしている。お隣さんと仲好しなのはいいけど、そのために夫が食いっぱぐれるのは困りものだ。しようがないからカップラーメンでも食べて、出張の整理でもしよう。キッチンでお湯を沸かして簡単な食事を済ませ、それから放置したままの荷物を片づける。衣類は洗濯機に入れ、会社にもっていく土産物を机の上に置いて、もっとも重要な書類の整理をする。そんなことをしていると、30分、1時間と時間がすぎていく。すると―

何だ、雷か?遠くで雷のような音が聞こえたから窓の外を見てみると、さっきまで晴れていた空が、いつの間にか厚い雲に覆われていた。そしてすぐさま―降ってきた。うわ、かなりの大降りだ。今は6月だから雨が降るのも当然だけど、これだけの土砂降りは珍しい。この土砂降りは長く続かないだろうと思うが、勢いは治まっても今日はこのあとずっと雨かもしれない。そんなことを考えながら、私はまた書類の整理をした。しかし、出かけている妻と娘は大丈夫かな。妻は車で出かけたんだろうから問題ないとして、娘は傘をもってるんだろうか。さっきまで晴れてたんだから、傘をもたずに学校に行った可能性もある。そろそろ帰ってくる時間だが…少し心配になって、私は娘を迎えに行こうかと考える。そしたらグッドタイミングと言うべきか、玄関のほうから物音が聞こえた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする