大家族

「大家族」で検索

「大家族」とは、一般よりも人数の多い家族形態のことである。エロゲーの題材とする場合、性的対象となる女性を多く設置出来るメリットがある。女性の人数が多いのでハーレム設定と親和性が高い。

巨乳大家族催眠 「家族みんなでイキまくるセックスがやめられないのぉ」


意識の遠いまどろみの中、じんわりと内側に響く感覚がある。しっとりと包み込む潤んだ感触は、ちょうどお腹の近くから広がるもので。優しくホッとするような心地が、少しずつ意識を元に戻していく。この柔らかさ…そうだ、これは朝を知らせるいつものアレで…もぞもぞと腰を浮かせながら、ゆっくりと目を開ける。「あら…お目覚めかしら」視界には、優しい表情の眼鏡の女性が、たわわなおっぱいも丸出しに優しく微笑んでいた。ちゅぷんと唇こそ離れたものの、その膨らみの隙間には、僕の朝立ちペニスがみっちりと挟み込まれたまま。そして、今も満員電車の中のように幹全体が揉みくちゃにされている。

おはようございます。「はい、おはようございます♥今日も朝からとっても元気ね」美冬さんが元気にしたんじゃないですか?「そんなことはないわ。私が入ってきた時には、もう前がものすごく膨らんでて…やっぱり若いってすごいのね」いや…それは朝の生理現象ですから…悪びれない美冬さんに苦笑しながら、ふと思い出す。と言うか…そもそも今日は美冬さんの日でしたっけ?「あぁ…えぇと、それは…」少し視線を泳がせた後、誤魔化すように僕の肉棒に頬ずりをした。「その…本当は普通に起こすだけのつもりだったのよ?でも、朝からすごく逞しそうで…つい…」流石に少しきまり悪そうにしながら、もごもごと言い訳する。なるほど…でもここで出しちゃったら、また夏希と秋葉が文句を言うでしょうね。「そうね…ごめんなさい。やっぱり悪かったかしら…」とは言え…ここまでされておいて、生殺しで終わりはもっとキツいな…「それもそうよね。じゃあ…」仕方ないから一発だけですよ?お任せしますから、好きなようにやって下さい。「えぇ。分かったわ」露骨にパッと表情を輝かせながら、愛おしげにおっぱいが再び動き始めた。

「それなら、なるべく丁寧にしてあげないと…」僕のお許しを得て、より大胆に身体を寄せて、縦に身体を揺すらせる。むにゅりと左右の膨らみがそれぞれ明後日の方を向きながら、僕の肉竿を扱いてくる。おっぱい、あったかい…ホッとしますよ。「よかった。オチンポ、しっかり気持ちよくなってね…」慈愛の笑みと共に鼻息を漏らしながらパイズリを続ける。そう言えば、今日の朝ごはんは何ですか?「ええ、今日はお魚を焼こうと思って。ちょうど旬の太刀魚のよさそうなのが並んでいたから…」いいですね。今の乳首のとこ、また押しつけて下さい。「分かったわ…こうね?先っぽ、コリコリしちゃう…」後は味噌汁に漬け物かな?「それはもちろん。後は昨日の残り物で悪いけど、きんぴらがあるからそれを…」悪いなんて全然。きんぴら大好きですよ。「そう言ってもらえると嬉しいわ」とりとめもない朝の会話と生々しい淫行が代わる代わるに繰り返されながら、少しずつ息が乱れていく。

「お汁、滲んできたわ…」それはもう…いやらしいおっぱいが素敵過ぎますから。「もう、また調子のいいこと言って。お義母さんをからかうものじゃありませんよ?」からかってなんか。こんなデカパイでいっぱいズリズリされれば、そんな感想になるのは当然です。「そんなにオチンポ気持ちいいのね?分かったわ。もっとズリズリしてあげるから…」とろんとした目つきのまま、更に身体をめり込ませ、懸命におっぱいをすり合わせる。「熱い…びくびく震えて…」いい感じです。じわじわ来てる…ヤバいかも…「ザーメン出ちゃいそう?」はい、もうすぐです…「いいわ…好きなように出していいのよ?我慢しないで、ぴゅっぴゅってね?」はい…じゃ、えっと…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする