家庭教師

「家庭教師」で検索

「家庭教師」とは、家庭で勉強を教える先生のことである。家庭教師が生徒にイタズラする場合と、両者が何らかの事情で性的関係を持つ場合がある。後者の事情はテストで高得点を取る等のご褒美、生徒からの脅迫、単なる先生の趣味などが挙げられる。

おっぱい怪獣アカネゴン〜家庭教師はどS痴女〜


「ほら、何突っ立ってんのよ?姉ちゃんの前でオナニーしたいんでしょう?早くひとりの時みたいにシコシコやって見せてよ♪」したいなんて言ってねーだろ!勝手に話をすり替えてんじゃねーよ。「あれ?姉ちゃんの前でオナニーしたいんじゃなかったの?くすくす、ほら…どっちよ…答えなさい♪オナニーしたいの、したくないの?」それは…ここでしたく無いって答えたら、また下にいる母ちゃんにむかって大声を出すんだろう!したいよ!「いやだ、とんだ変態ドーテーね?だったらほら、まずはそのみっともない包茎チンコの皮、自分で剥いてみなさいよ?」チンコの皮を?無理だよそんなの…チンコの皮が被ったままだと衛生的に良くないと、前に本で読んだことがある俺は、何度か自分で剥いてみようと試したことがある。だけど、痛くてとてもじゃないけど剥くことなんて出来なかった。

「こら、男が簡単に諦めるんじゃないの!そんなんだから受験にも失敗しちゃうのよ。ほら、手でそのあまった皮を剥くだけじゃない。簡単でしょう?」そんなこと言ったって…俺は姉ちゃんの言う様に、自分のチンコを握りグッと力を入れてみる。やっぱ無理だよ!いてーもん!チンコの皮が引き裂かれる様な痛みに、俺は一瞬で手を放してしまった。「もう、なさけないわね…そんな皮かむりの短小包茎チンコじゃ、彼女も出来ないわよ?いいの、一生みじめな童貞のままで?」くそ、好き勝手言いやがって。見てろ!俺はまた気合いを入れてチンコの皮を剥こうと試みる。やっぱり無理だ!ちくしょう、こんなの剥ける奴の方がどうかしてるよ。「あっそう。それじゃあお前は一生童貞決定ね!まあいいわ…じゃあせめてオナニーくらいは姉ちゃんの前で上手にやってみせなさいよ♪」

俺の顔をうかがいながら、わざとらしく脚を組み替えて、短いスカートからチラリとパンティーを覗かせる。パンツ見えてる…雑誌でもビデオでも無い、本物の女のパンツだ…ゴクリッと生唾を飲み込んで、チラチラと股間に目をやってしまう。「あれ?お皮の余った可愛らしいオチンチンがビクビクしてるわよ?どうかしたの僕?何か見て興奮しちゃったのかな?」まるで小さな子供に話しかける様に、ニヤニヤしながら俺の顔を覗き込んでくる。自分から見せてきたくせに、わざとらしいこと言いやがって…でも悔しいかな、ムッとしながらも耳まで熱くなった俺は、フワフワと視線が泳いでしまう。何でもねーよ!「ほら、早く姉ちゃんの前でシコシコ擦ってオナニーしなさいよ…じゃないとオバサンが自分の息子の恥ずかしい秘密を知っちゃうことになるわよ♪」くそ、なんで俺…こんなにいっぱい弱味を握られてるんだ?いつの間にか、どんどん姉ちゃんには逆らえない状態になっている。わかったよ、しごけばいいんだろ!これは決して誘惑に負けたからとか、そういうんじゃないからな。自分の保身のために、仕方なくオナニーする…それだけだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする